mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

忘れてはいけない日。

昨日(6月12日)は、宮城県沖地震が発生した日。
そして、明日(6月14日)は、岩手宮城内陸地震が起きた日です。
東日本大震災のことは当然、忘れるわけにはいきませんが、東日本大震災を考える上では、当然、宮城県沖地震・岩手宮城内陸地震のことも心にとめておかねばなりません。

小学生時代、避難訓練や防災の話を聴く会等では、「宮城県沖地震」での恐怖、日頃の備え、非常時の行動等を、先生・専門家・地域の方々から聞きました。
私自身は宮城県沖地震の記憶はありませんが、当時の様子を聴くだけで、何と語って良いのかわからない心境になった覚えがあります。

4年前の岩手宮城内陸地震の時は、震度5強の揺れがあんなにも恐ろしく、また、故郷や思い出の地が被災してしまうことがこんなにも悲しく辛いことであるとは、想像以上のものでした。

東日本大震災を想うと同時に、故郷にまつわる災害の記録・備えへの意識をしっかりと持ちたいと思う1日です。