mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

1年半遅れの発表会。

久々に。大学時代の同級生2人とランチへ。
同級生、と簡単に言ってしまっていますが、二人とも仙台で活躍する新進気鋭の音楽家です。私は、彼女たちが地元でキラキラと輝いて活躍してくれていること・努力を誰よりも積み重ねながら前進していることをとても嬉しく誇らしく思っています。


同級生のひとりは、昨日(10月8日)、門下生の発表会を開催したそうです。(彼女は、自身の演奏活動と並行してレッスンも持っているのです♪)

そもそも、発表会は、2011年3月12日(土)に開催予定だったもの。
そう・・・震災により、発表会が開催できていなかったのです。

かつて彼女は、震災の翌日、電話も交通機関も不通の状態のまま、必死になって、門下生である小さな子供たちの安否を確認しつつ、関係各位への状況把握や連絡に走り回ったことを話してくれました。
そして、大きなステージで演奏することを楽しみにしていた子供たちから演奏の機会を奪った「あの日」のことをどう受け止めるべきか・・・と複雑な心境も語っていました。
彼女自身も、震災により演奏の機会が激減した音楽家のひとりであり、フリーの音楽家にとってそれがどんなに苦しいことであるかを身をもって体験しているのです。

あの日から約1年半。
やっと開催できた彼女と門下生たちの発表会は、私が想像する以上に、特別で大切な時間であったに違いありません。
昨日の発表会の様子を、少し興奮気味に、でも安堵感にも包まれながら話してくれた彼女を、私は心底賞賛したいと思いました。


彼女たちの努力、仙台の若き音楽家たちの想いを、きちんと覚えておこう、しっかりと伝えていこう・・・、強く強く思っています。