mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

音楽の大いなる力。

昨日、「第5回 宮城学院女子大学音楽科OG有志によるチャリティコンサート多賀城公演」が開催されました。

ご来場下さった皆様、ご協力・ご支援下さった皆様、本当にありがとうございました。

私は、OGのひとりとして司会を担当するために参加していましたが、コンサートを進行しながら、あらためて「音楽の大いなる力」を感じました。

このコンサートに関わる出演者たちは、その多くが「初めまして」です。
出演者もスタッフも皆、仕事や学校の合間に練習や準備を重ね、この日のために調整をします。特に、合唱団は総勢85名の大合唱ゆえに、全体練習は当日の朝のみ、という厳しい条件の中での調整・・・。
しかし、「3.11」を、故郷を、仲間を想う気持ちが根底にあれば、どんな環境であっても、音楽が全員の心をつなぐのですね。
それぞれがベストを尽くして準備をすすめ、コンサートを進行させていきます。
更には、プログラム後半の大合唱、そしてお客様との合唱の瞬間には、出演者とお客様の心と声がひとつになって、想像以上に感動的であたたかいハーモニーが場内いっぱいに広がり、感動的な響きに包まれました。
まさに、音楽が、全ての人の心をひとつにつないだ瞬間。言うまでもなく、涙があふれる程に温かかった瞬間でした。

これが、音楽の大いなるチカラなのですよね。


終演後、お世話になった出演者の先輩方と先生と一緒に、多賀城市内のホテルで夕食をご一緒しました。聴けば、そのホテルも、津波の被害を大きく受けたとか・・・。
多賀城へは、久々に足を運びましたが、震災前の町並みと違っていることもあり、ついつい通り慣れたはずのかつての道や風景を探して迷いそうになってしまいました。。。

多賀城の街で、復興を願う音色を共にできたことに感謝します。