mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

ワインの秋、音楽の秋

ボジョレー解禁の翌日である22日に、都内で行われた「ワイン×フランス歌曲」を楽しむ催しもので、ナビゲーターを務めさせて頂きました。

フランスワインを傾けながら、シニアワインアドバイザーのKEIさんによるお話しと、メゾソプラノの秋本悠希さんのヌーヴォーのごとくフレッシュな才能と歌声を堪能。
ナビゲーターとしてはもちろん、フツーにお客さんとしても堪能したかったな~と心底思うほど、良いひとときでした。

披露されたワインとフランス歌曲には、全てに連動性と物語があって、そのひとつひとつを紐解いていくKEIさんのトークが実に面白い!
特に、「フランス歌曲の歌詞から読み取れるフランス特有の感覚とボジョレー解禁日の謎」についてのお話しは、可笑しいような納得できるような・・・興味深い内容でした。

以前、友人の誘いで、数か月間だけワインスクールにかよったことがあるのですが(殆ど意味が分からず退会しましたが・・・。。。)、当時に学んだことがKEIさんのお話しにより久々に思い出され、ワインの奥深さ・面白さの「入り口」のようなものを久々に感じた気がしています。
ワインも音楽も、ちょっとした知識があるだけで、面白くなるんですよね~♪
またいつか、ワインスクールにも通いたいなあ・・・と思ったりして。

そうそう、それに、改めておもったことは、「やっぱり音楽のある場所での仕事は楽しい♪」ということ。音楽家をはじめ、音楽愛のある方々との時間は、幸せですね。








添付画像