mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

母校にて。

数日前、母校の音楽科生からインタビュー取材を受けました。

授業の一環として、「音楽を仕事にする」ことについて考えるべく、数名の卒業生にインタビュー取材をなさっているとか・・・。作曲関係の方や、音楽の指導者など音楽関係の職種で活躍する卒業生数名の中に、恐れ多くも(というか何故か?!)私もエントリーされていたようで、ラジオの音楽番組のお話しや、学生時代にラジオ業界と出会った経緯などを少しだけお話しさせて頂きました。

学生時代の私もそうでしたが、「音楽の専門力を就職活動に活かそう」とすると、これがなかなかムズカシイ。。。ましてや仙台のような地方都市では、音楽や文化をコンテンツとする会社は非常に限られているわけで、そのような中で就活を展開することは学生さんたちにとっては、なかなか大変なことでしょう。

しかし、そんな中でも、こうして、「愛する音楽の専門力を仕事にしたい」と、懸命に道を探している学生たち・・・。音楽愛にあふれていることは勿論 経済的にも精神的にも自立しよう!、という立派な意気込みも感じられた素晴らしい学生たちでした。

社会に出るまでの限られた時間の中で、そうやって道を探究することは、学生にだけ与えられた特別なこと。だから、いっぱいいっぱい悩んで考えることは無駄ではないよね。
でも、そんなふうに思えるのも、社会人生活が10数年の今だからこそ。
道を模索しているまっただ中の彼女たちにとっては、学生の特権だろうがなんだろうが、出来ることなら一刻もはやく解決したい問題でしょうね・・・。

彼女たちにとって、私のインタビューが役に立つかどうかは全くわかりませんが(むしろ、ちゃんと回答出来ていたのか心配ですが。。。笑)、私は、彼女たちを心から応援しています。