mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

嬉しいような切ないような。

SNSを眺めていると、富山の方々の投稿は、殆どが雪・雪・・・大雪!
春とまではいわなくても、青空が待ち遠しいこととお察しします。

東京は、青空が広がるもののまだまだ2月の冷たい風。インフルエンザや風邪ひきさんの情報もよく耳に入り、おだやかな春を迎えるにはもう少し時間がかかりそうです。


とはいえ、あとひと月半で新年度のスタート。
我が家の3歳児は、丸3年間お世話になった保育園を卒園し、4月から幼稚園へ進みます。

昨日、保育園の施設長の先生と「幼稚園の制服の準備は・・・?」などと春からの話をしていたところ、『3年前は赤ちゃんだったのにねえ・・・。大きくなったね。人間の成長の大きな部分を見させてもらったよ。どうもありがとう。」と施設長の先生が、涙ぐみながら言葉をかけて下さいました。
その言葉に、私が号泣・・・!笑。

子どもの成長は勿論ですが、「女性が働くこと」「家族も成長すること」という視点もあわせ、いつもおおらかに優しく見守りご指導下さっていた保育士の先生方の存在に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

仕事が忙しくて育児に自信がない日でも、睡眠不足と疲労でふらふらな日でも、子どもを泣かせながら保育園に登園してしまった日でも・・・どんな日でも、笑顔で優しく、「大丈夫ですよ。お仕事 いってらっしゃい。」と背中を押してくださった保育士の先生方。

先生方の存在は、新米育児中の私には、とてもとても心強く大いなるものでした。
先生方の言葉と笑顔に、どれだけ励まされ支えられてきたか・・・。

保育園の卒園は、子どもの成長を示す大切な節目。
喜びも大きいですが、私自身は、お世話になった先生方との別れでもあり、ちょっぴり寂しさと切なさもこみ上げます。

あとひと月半。
毎日を大切に過ごしたいと思います。