mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

カテゴリ >> My days (645件)

待ち遠しい春・・・

先週、東京では春一番が吹きました。
ぽかぽか陽気の日も増えてきて、春が着実に近づいていることを感じますね。
しかしながら、やはり2月。肩にぐっとチカラを入れて歩かなければならないほど寒さを感じる日も少なくありません。暖かな日とまだまだ寒さ厳しい日と、入り混じる昨今ですね。

日頃、子どもを連れて自転車で保育園へ向かっていると、吹く風の冷たさや時折感じる春風を、本当によく体感できます。
東京ゆえに、仙台や富山にいた時のように、「雪の中を」登園することはめったにありませんが、関東の冬らしい 乾いた冷えた風に吹かれながらの登園は、それはそれで大変な日もあります。
特に、2歳の我が子は、2月の風に吹かれながらも、自転車の座席で、「寒い!」などと弱音をはくことなく、むしろ元気に歌いながら保育園へ向かうたくましさのようなものが出てきました。

あとひと月もすればきっと、あたたかな春風に吹かれながらの登園。
保育園の行きかえりの途中では、きっと、桜のつぼみを愛でたり、公園を走りまわって遊ぶようになるはずです。そんな春の日が少し待ち遠しいです。
早いもので、手探りでスタートした保育園ライフも、3年目を迎えることに・・・。
1日1日を大切に、めいっぱい楽しまねば。





まずはカタチから・・・?!

数年ぶりにランニングを再開させようと決めていたので、新しいランニングシューズやウェアなどを購入しました。寒い時期ゆえに、防寒グッズも。
(かつて愛用していたラングッズは、殆ど処分してしまっていたので、必要なランニングアイテムは、殆ど新調することになったわけ。)

一通りそろえてみて、ふと、「うわー、こういうモノの揃え方って、カタチから入る人よね~」と、何だか自分が可笑しく思えてきました。
ランニングを再開させるにあたり、食生活とか生活リズムとか日常的なストレッチとか、取り組めることは数々あるはずなのに、まず「買い物」をする私って・・・笑。

でも、シューズやウェアは、本当に快適なものを見つけておくと、ランニングが楽しくなることは自覚しているので、「まあ、これもワタシらしくて良いかな」と、ひとりで完結 笑。

楽しみながらつづけます。




2017年!

皆様、お健やかに新年をお迎えでしょうか?

新しい年を迎える・年を重ねる ということが、どんなに有難く素晴らしいことか、大人になった今(というか今更!?笑)、しみじみと感じるようになりました。

今まで書いたブログを見かえしてみると、自分の心の動きや、お世話になった大事な方々や大切な出来事が、いろいろ思い出されます。(自分のことなのにすっかり忘れていることも多くて・・・。。。)
あらためて、多くの方に支えられて、歳を重ねられているのだと思います。
感謝です。
ありがとう。

そうそう、今年の「目標」ではないのですが、ひとつ楽しみにしていることがひとつ♪
数年ぶりに、ランニングを再開しようと思っています。
(健康診断の結果がだんだん気になるお年頃になってきたのです・・・。私のランニングは、気休めの自己流健康法みたいなものですが 笑。あはは。)

「走る」ことで、かつての私は、多くの気づきや学びがありました。
2017年、再び走ることで、新たな風景に出会えそうです。
















打合せ前に

有難いことに、今秋も MCのお仕事など、忙しくさせて頂いています。
今日は、午後からお仕事の打合せへ。
主人の協力もあり、保育園の送迎は全てお願いして、お仕事準備に集中できています。
家族の協力あってのお仕事です。

では、いってきます。




大人になったのかな・・・と思うこと。

3連休中の一昨日に、小中学校時代の同級生の結婚式に出席してきました。

(こんなことを書くのもどうかとは思いますが・・・。。。実際のところ、私の同級生の中には「●回目の結婚式~♪今度こそ!盛大に!」なんてタイプの子も珍しくなく。。。まあ、どんなカタチ&●回目であれ、我慢したりツライ経験ばかりするのではなく、本人が納得のいく結婚生活を歩んでくれれば、友人としては最も安心するのです♪)

で、連休中にご結婚式を挙げた同級生は、(●回目とかではなく!)約10年の御付き合いを実らせた素敵&オトナカップル。
いや~。泣きました。泣けました。
挙式で、お父さんと花嫁がバージンロードを歩くだけでも(いや、正確に言うと バージンロードを歩きだす前の、花嫁を見守るお父さんを見ただけで!)泣けてきた私・・笑。隣をみると、他の同級生も涙涙・・・。

20代の頃に出席した披露宴では、ここまで泣くことはなかったような気もするのですが、とにかく、一昨日は、披露宴でも、スピーチを聴いて泣き、親御さんと歩く花嫁の後姿で泣き、プロフィール映像を見て大泣きし、花嫁の手紙とご両親の姿を見て(当然)泣き、列席している他の同級生が立派に育児をしている姿に感動して涙ぐみ、同級生の子どもの一人がすくすくと中学生に成長していたことにもやっぱり感動して涙ぐみ・・・。私も友人たちも本当によく泣きました 笑。

皆が同じような環境で学び過ごしてきた小・中学時代。
でも卒業してからは、進学・就職・恋愛と結婚・出産・家族・・・と、皆、それぞれに選択をして人生を歩んできました。
その選択の中には、迷いや悩みや苦しみもあったはず。
振り返ってみれば笑えることもあるけれど、渦中にいた時を思い出せば、苦しくなることもあったはず・・・。
もう2度と会えなくなってしまった同級生もいます。

それぞれの人生を歩み、再会した同級生たち。
いつまでも中学生ではなく(←当たり前だ!)、みんな ちゃ~んと、人生の奥行のようなものを経験してきたんだね。
だからこそ、家族が増える喜び・家族を愛する優しさを感じて、感動し涙してたんだね。

「いつの間にか、みんな 大人になってたね・・・」
そんなことを感じ合った1日でした。







カテゴリ >> My days (645件)