mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

カテゴリ >> My days (648件)

ひとりごと?!

気づけば、今日もこんな深夜のブログ更新に・・・。

昨日から子供が体調を崩し、夜もつきっきりで様子を見ていることもあり、わたしが仕事に集中できるのは、子供の体調が安定してすやすや眠りはじめた時間から朝食の支度を始めるまでの2~3時間のみ。
寝不足でフラフラですが、時間は今しかないのだから仕方なし!
この時間に集中して仕事をします。

で、ここ数日間に私が抱えている仕事のひとつに「原稿づくり」があります。
ナレーションやインフォマーシャルの原稿を書く作業では、途中、原稿を実際に読みながら、言い回しやコトバのリズムを確認します。原稿が完成すると、何秒で読めるかを確認するためにやはり、声に出して読みます。

深夜に原稿をぶつぶつと読み上げるわたし。ええ、怪しいですよ。
ちなみに、今は自宅だからまだ良いのですが、時に、コーヒーショップにPCを持ち込んで原稿書きをしている時などは、もっと怪しいです。
「あたらしくなった○○シャンプー・・・」なんて言葉を、コーヒーショップで真顔でぶつぶつと唱えているわけですからね・・・。近くの席に座っている方の視線を感じることなんてよくあります 笑。

さて、寝ます。おやすみなさい。



桜の頃。

桜が咲き始めた東京。(といっても、今日は雨が降っていて、お花見遠足気分ではありませんが。)
「花」とくに「サクラ」は季節を象徴する大きな存在だけに、桜の季節がめぐってくると、「あ~。あの出来事からもう○年か~」とか「あの年に観た桜は○○に住んでいた頃だから・・・」などと、月日の流れを強く感じるような気がしています。

1年前、0才のBABYを抱っこして保育園へ通い始めたわたし。
BABYの体調や機嫌を見ながら、遅刻しないようにと早足で保育園へ急いでいた時、保育園の近くに咲く桜並木の美しさに、どれだけ心癒され、また励まされたことでしょう・・・。
「この桜を、子どもの手をひきながら歩いて眺める日がくるのかな・・・」なんて思いながら行き来していたものです。


あれからもうすぐ1年。
BABYは大きくなり、桜並木の下をとことこ歩くように・・・。

保育園の先生方はじめ、家族や事務所の方の支えで、毎日を過ごせています。
1年、ありがとう。
これからもまた1年づつ、がんばろう。



ひとり時間

偶然にも!?前回のブログ更新の時刻と同じような時間帯にPCを開き、ブログを更新しようとしている今・・・。
育児や家事を一段落させてからの「ひとり時間」は、結局こんな時間になってしまうのですね^^。
ひとり時間をあまりにも満喫しすぎると、朝がツラくなるので、気を付けねば。



MCの準備。

明日(というか 日付が変わっているので もう今日ですが・・・)は、都内でMCのお仕事です。

MCのお仕事の前には、台本の内容を読み込みながら、本番のイメージトレーニングをひとり黙々と・・・。これが結構大事な時間だったりします。
あとは、衣裳やメイクのことなども自分で準備。

以前の私と違って、衣裳を買いにいくだけでも、育児や家事の隙間時間を上手に使って計画的に準備。

あとは・・・さっさと寝よう。
良い声を出す為にも睡眠が一番大事ね。









もはや季刊に・・・?!

もはや季刊になりそうな「ブログ」ですが・・・こんなブログにも読者の方がいらっしゃるのです。本当に感謝です。というか、申し訳ない気持ちでもあります。。。
読んで下さり、ありがとうございます。

さて、変わらず、仕事と育児の両立に奮闘する日々ですが、育児に取り組むようになってから、私の「ことば観」に大きな「気づき」がありました。今日は、その「気づき」について記しておこうと思います。

それは、「表現」のこと。
アナウンサーとしてラジオパーソナリティとして、わかりやすく・おもしろく・易しく・・・等と、常日頃 ことばによる表現を意識してきたつもりですが、育児をしていると「ことばによる表現」をまた違った角度から意識するようになりました。

私が 毎日 何時間も共に過ごすBABYは、まだ言葉を話せないどころか、言葉の意味すら全て理解できない存在。
そんな彼を相手に、言葉を使って様々な働きかけをするのが私の役目。
わかりやすく・おもしろく・易しく・・・何度も何度も繰り返し伝えているつもりでも、彼には全く通じないことも度々です。
しかしながら、成長と共に 少しずつ言葉の存在を知り、理解していく様は、本当に興味深いものです。

中でも私が「ことばによる表現」を強く意識するのは、子供と共に 外を歩いている時。
うららかな春の景色、目の前に咲く草花の様子、灼熱の陽光、街を行き来する乗り物のフォルムやその様子、紅葉の深まり、どこまでも高く感じる冬の青空・・・。子供の目の前に広がる景色を、どのように伝え教えていったらよいのでしょう・・・。うまれて初めて見るであろう景色を瑞々しく受け止めてほしい!と思う反面、一緒にいる私の余計なひと言や陳腐な表現が邪魔していたらどうしよう!と少しビビりながら語りかける毎日です。

子供と一緒に「美しい・面白い・不思議・楽しい・・・」といった気持ちを共有するために、アナウンサーとしてではなく、「人間として」の感受性や表現力を より意識していこう、と感じるドタバタな毎日です。




カテゴリ >> My days (648件)