mariko826.com blog!

日々の出来事・お仕事・大好きな旅行・音楽・書道のことなどを書いていきます。 とてもゆっくりな更新になっておりますが、 これからも 立ち寄って下さいね。

カテゴリ >> My days (646件)

フィンランドの風

台風が去り、爽快な真夏の空が広がりましたね!(とはいえ、今朝の地震&津波注意報には驚きました。。。仙台の自宅は震度3。落ち着かない週末のスタートになりましたね。。。)

この夏は東京の暑さを避けるべく、仙台で過ごしています。
今日の仙台は真夏日の予想なのですが、自宅では何とか 扇風機&麦茶&風鈴の音色 で涼を取りながら、この1週間を振り返っています。

今週 とても有意義だったひと時といえば・・・6日に、仙台市内で「フィンランドの風」~フィンランド歌曲のコンサート~へ行ってきました。大学の同窓生でもある ソプラノの千石史子さんをはじめ3人の音楽家によるフィンランド歌曲づくしのひととき。
考えてみると、私の暮らしでは、フィンランドの作品ばかりをじっくりと聴く機会は、そう滅多になかったりします。だからこそ、こうして、フィンランドの作品に真正面から向き合えるコンサートは本当に有意義なものですね。

森と湖の国・フィンランドの音楽作品といえば、美しい自然の中から紡ぎだされたような、清々しく時に神秘的な旋律や響きを連想させるものがあります。確かに、フィンランド歌曲独特の清々しさや神秘さはあるのですが、フィンランドという国が持つ歴史の陰影や、悲運としかいいようのない作曲家の生き様などをかみしめながら聴くと、胸の奥がぐっと熱くなりこみ上げるものがある作品も・・・。
広く知られているフィンランディア賛歌などは、「キレイ~」とか「素敵~」なんて手放しで聴いて喜んでしまった自分が後々恥ずかしく思えてくるほど、深く大きな歴史のうねりと国民の想いが秘められています。のんびり生きている私には到底理解できないほどの大きくて深い想い。。。

音楽は、時代を移す鏡のようなもの。
いつだったか、こんな言葉を聴いたことがあります。本当にそう。
時代を必死に生き抜いた人々の想いは、音楽をきっかけに、伝えられ受け継がれるものなのですね。その想いを、わずかであってもきちんと感じ取れる自分でありたいと思います。











tico moon

明日は、ギターとハープのデュオ「tico moon」のLiveを鑑賞してくる予定です。
今からわくわく。

tico moonは知っていたものの私はライブで聴いたことがなく。。。少し前に行われた「空気公団」とのライブを鑑賞した家族が、「おすすめ。きっと好きになるよ」と教えてくれたことがきっかけで、明日のライブ鑑賞に至りました♪

どこまでも優しいシフォンのようなticomoonの音楽。
今日のような週末の昼下がりには、最後まで聴く以前にまどろんでしまうこと必至?!の音楽のように思いますが 笑、それもまた、心身をリラックスさせる音楽の魅力なのだと 私は受け止めています。

それにしても、心身に本当に効くなあ・・・この音楽。






母校にて。

数日前、母校の音楽科生からインタビュー取材を受けました。

授業の一環として、「音楽を仕事にする」ことについて考えるべく、数名の卒業生にインタビュー取材をなさっているとか・・・。作曲関係の方や、音楽の指導者など音楽関係の職種で活躍する卒業生数名の中に、恐れ多くも(というか何故か?!)私もエントリーされていたようで、ラジオの音楽番組のお話しや、学生時代にラジオ業界と出会った経緯などを少しだけお話しさせて頂きました。

学生時代の私もそうでしたが、「音楽の専門力を就職活動に活かそう」とすると、これがなかなかムズカシイ。。。ましてや仙台のような地方都市では、音楽や文化をコンテンツとする会社は非常に限られているわけで、そのような中で就活を展開することは学生さんたちにとっては、なかなか大変なことでしょう。

しかし、そんな中でも、こうして、「愛する音楽の専門力を仕事にしたい」と、懸命に道を探している学生たち・・・。音楽愛にあふれていることは勿論 経済的にも精神的にも自立しよう!、という立派な意気込みも感じられた素晴らしい学生たちでした。

社会に出るまでの限られた時間の中で、そうやって道を探究することは、学生にだけ与えられた特別なこと。だから、いっぱいいっぱい悩んで考えることは無駄ではないよね。
でも、そんなふうに思えるのも、社会人生活が10数年の今だからこそ。
道を模索しているまっただ中の彼女たちにとっては、学生の特権だろうがなんだろうが、出来ることなら一刻もはやく解決したい問題でしょうね・・・。

彼女たちにとって、私のインタビューが役に立つかどうかは全くわかりませんが(むしろ、ちゃんと回答出来ていたのか心配ですが。。。笑)、私は、彼女たちを心から応援しています。






室内楽を聴きに。

昨日、室内楽の演奏を聴く機会がありました。
山形交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏の演奏。
モーツァルトのアイネクライネナハトムジークに始まりディヴェルティメント、ドヴォルザーク、ジブリ映画のサントラなど、名曲の数々を楽しんできました。

演奏者の息遣いや視線の行き交う様子までがよく伝わってくるのが室内楽の空間。楽器ひとつひとつの音色はもちろん、演奏者と聴衆、メロディとハーモニーの対話が手に取るように感じられ、そして音楽が奏でられていく・・・。室内楽を聴いていると「音楽の対話」というか、「音楽の粋なお喋りの場」に身を置いているようで、何ともわくわくしますし心地よく感じます。特に、それぞれの楽器から奏でられる音が重なり合いハーモニーとして溶け合う瞬間の美しさや心地よさといったら・・・♪

実は、学生時代までは、室内楽のコンサートに足を運ぶことは度々あったものの、どちらかといえば大音量で華やかな音楽の世界に誘われるオーケストラの演奏が大好きだった私。以前、お仕事でご一緒させて頂いた ウィーン。・フーゴヴォルフ三重奏団、昨年、サントリーホールで聴いたボロメーオSQなど、室内楽の面白さを堪能させてくれる素晴らしい演奏に触れる機会も多かったせいか、今更ですが、大人になってやっと(!?)、室内楽の面白さに気づき始めたのかもしれません。

心地よく幸せなひとときでした♪






雨の季節

仙台にいます。

夏めいた日々から一転、きょう、(東京・)仙台では「梅雨入りしたとみられる」という発表がありました。
雨の季節の始まりですね。
のんびりと屋内で過ごす日が増えそうです。
愛犬も、今日はひんやりとした空気の中ですやすやお昼寝中~。



カテゴリ >> My days (646件)